>>東京モニター矯正10選<<

少しでも安い料金で矯正を受ける方法まとめ!実際の失敗例からおすすめまで!

安い料金で歯科矯正を受けるためには

歯の矯正をしたいという方はたくさんいると思いますが、何よりも気になるのが料金ではないでしょうか?

上の歯と下の歯をフルで直せば50~100万円ぐらいはしますよね。

そこで少しでも安くするために重要であり抑えておきたいのが、歯医者さんによって料金が全く違うということです。

[chat face=”woman1″ name=”女性の口コミ” align=”left” border=”red” bg=”red”]A医院とB医院では総額30万円も違かった![/chat]

なんてこともザラにあります。

もちろん歯並びの状態によって人それぞれの料金が違うのは確かですが、事前に知っておくだけで少しでもお得な歯医者と出会いやすくなることは確かです。

そこで当記事では、その料金の違いの理由から、安い料金のクリニックを見つける方法までのポイントをまとめました。

保険は使えない

まず抑えておきたいのは、基本的には歯の矯正は保険を適用することができず全額自費負担となることです。

歯医者さんと言えば保険を使った治療のイメージが多いですが、歯並びの矯正は審美的な見た目のための治療となるので、対象外なのです。

ごく稀に保険の適用になる場合なんかもあるようですが、歯並びが悪すぎて何か異常をきたすような特殊な場合のみなので、保険を使える可能性はほぼないと思っておいたほうが良いでしょう。

そのため、歯の矯正は自由診療となり、歯医者さんごとに違う治療方法やシステムがあり、値段のつけ方の違いがでるのです。

だからこそ、安い料金を求める方が気を付けたいのが矯正歯科の選び方なのです。

記事の最初でお伝えしたように、全く同じ人でも、矯正歯科に行くと全く違う結果になることがほとんどです。

自分で色んな医院にカウンセリングに行って比較するのが重要となります。

もちろんカウンセリングの無駄足を踏まないように、よくホームページを確認するのが良いでしょう。この後の注意点にもまとめていますが、値段を書いていないクリニックや何の矯正方法も書いてない場合なんかもあるので要注意。

次の項目からは、ホームページの時点で安い医院を見極める方法をまとめていきます。

歯医者によって違う矯正方法

なぜ料金が違うのかという理由にもなりますが、治療方法に違いがあるということです。

歯の矯正には大きく分けて3種類あります。

  • 表側矯正
  • 裏側矯正
  • マウスピース矯正

なんとなく想像でもわかると思いますが、裏側矯正なんかはかなりの技術が必要になるため、料金が最も高額です。

ここで安い料金を求める方におすすめしたいのが、マウスピース矯正です。

その理由は3つ。

矯正の料金自体が安め

マウスピース矯正には色々な種類がある中で、最も症例数が多い『インビザライン』で説明をすると、矯正歯科では歯の型を採ってデータをインビザライン社に送ると、マウスピースが作られて送られてくるという流れのため、矯正歯科での手間が少ないからです。

通院の回数が少ない

普通の矯正では毎月1回の通院が必要と言うのがほとんどですが、マウスピース矯正の場合は2か月に1回と言うのがほとんどです。なので通院費や交通費や時間を割く必要が少ないのです。

複数のプランがある

これも最大手のインビザラインというメーカーで例えると下記のプランがあります。

  • 前歯だけの『インビザライン・アイセブン』
  • 中高生用の『インビザライン』
  • 軽い症例用の『インビザライン・ライト』
  • ほとんどに適応できる『インビザライン・フル』

と、歯の状態に合わせて選ぶことができるので、部分矯正もふまえてコスパ高く矯正を受けることができます。

マウスピース矯正でのポイント

続いて、マウスピース矯正だけに使える安い医院を見極める方法です。

それは治療実績の目安を見ることができるインビザラインランクを調べるということです。

※インビザラインとは・・・マウスピース矯正で全世界500万人前後の症例数を誇る、マウスピースのメーカーの名前です。

話しは戻って、インビザラインランクですが、インビザラインを作っているアメリカの会社から、症例数に応じて矯正歯科に与えられる称号で、下記の種類があります。

  • ブラックダイヤモンド(401例以上)
  • ダイヤモンドプロパイダ―(151症例以上)
  • プラチナリートプロパイダ―(101例以上)
  • プラチナプロパイダ―(51症例以上)
  • ゴールドプロパイダ―(21症例以上)
  • シルバープロパイダ―(11症例以上)
  • ブロンズプロパイダー(1例以上)

安く収めるためのポイントとしては、何と言ってもランクの高い医院を選ぶことです。

症例数が多くランクが高い医院ほど、安く仕入れることができるようで、矯正の料金を安く提供しやすくなるからです。

ほとんどのクリニックが『インビザライン社の○○プロパイダ―に認定されました!』と書いていますので、よく公式サイトを見てみるのが良いでしょう。

ただ、症例数が高いのをいいことに「経験豊富な医院」として、安くなるどころか高くなる医院もあるので要注意。

ちなみにブラックダイヤモンドランクは一つのクリニックは物理的に不可能な数のため、クリニックをたくさん持ってる医院となります。

絶対に抑えておきたい注意点

よくある悪い口コミの事例とともに、実際に覚えておくと損はしないという料金に関する注意点をまとめました。

大雑把な料金の表記が一番危険

やはり最もトラブルとして多いのがこの料金の表記方法です。

歯医者さんのホームページや広告では

「矯正が月々2万円から可能!」

という書き方です。

これはローンでの支払い方法を書いているのだと思うのですが、

「実際は頭金がかかったり、総額も結局120万円になった!」

なんて悪い口コミがあり昔は特に多くありました。

そのため、カウンセリングの申し込みをする前に、しっかりと医院のホームページで料金表を確認しましょう。

矯正以外の料金が馬鹿にできない

続いても悪い口コミでありがちなのが、矯正以外の料金についてです。

『マウスピース矯正が上下フルで80万円だった』

という方でも実際に矯正を始めると、

『検査費で5万円、保定費で5万円、通院費が2ヶ月に一回で5,000円』

かかったということとなると、

『2年間の治療だったとすれば94万円』

ということになり、やはり当初の80万円よりも14万円も上ぶれとなります。

なので必ず事前のカウンセリングで、

「検査費がどれだけかかるのか」や、

「通院費がどのくらいのペースでいくらなのか」ということをしっかり抑えておきましょう。

実際におすすめなシステム!

ゴチャゴチャ細かい料金の内訳なんかは面倒くさい!わかりずらい!

少しでも早く安く矯正をしてくれる歯医者と出会いたい!

という方におすすめしたいのが、「トータルフィーシステム」のクリニックです。

フルパッケージシステム治療費定額性とも言われており、通院費が全てが込みこみのプランのことを言います。

例えば最初のカウンセリングで歯の状態だけ見て、上下で70万円となった場合、それ以降の費用は一切かかりません。(※紛失や虫歯の別治療は除く)

事前に別で検査費などのお金がかかることもなければ、毎回通院するたびにお金を払うこともなく、終わった後に追加で保定費として器材を買う必要などもなく、とってもお得なシステムと言えます。

全国でもまだまだ少ないシステムですが、徐々に増えてきており、当サイトからの予約可能の医院でも2つあります。

スマイルプラスさくらい

まずは東京は世田谷区にある矯正歯科。

スマイルプラスさくらいの矯正モニター価格

特徴はもちろん当記事でおすすめしているフルパッケージのシステムで、通院費や追加料金がかからないことですが、何といってもその金額自体が低単価であるということです。

広告の法律があるので、比較表などで安く見せることはできませんが、ぜひご自身で色んなホームページを比較してみてください。

上の歯と下の歯の矯正で70万円を切っているうえ、通院費もかからない治療費低額性の医院はなかなかないでしょう。

ちなみに、軽度な症例や部分的な矯正であれば23万円からと、こちらもトータルフィーシステムなので低単価と言えます。

予約ページ

アルファー歯科

続いては東京は江戸川区にある矯正歯科。

アルファー歯科のモニター価格

こちらも同じく上下で70万円を切っており、定額制としてこれ以上のお金がかからないクリニックです。

先ほどのスマイルプラスとの違いとしては、症例数が多いということです。

最も使われているというマウスピース矯正のインビザラインでは、プラチナエリートプロパイダーという年間の症例数が101以上のクリニックに送られる称号も獲得しています。

予約ページ

まとめ

以上が少しでも矯正の費用を少しでも安くするポイントのまとめでした。

一生に一度であり、料金が高額であり、通院が長いということで、あらためて矯正歯科は選び方によっては大きなコスパの差が生まれることになるでしょう。

ご自身でネットでたくさん比較して、選ぶことをおすすめいたします。

当サイトで予約可能でおすすめな歯科医院のまとめは下記からどうぞ。

マウスピース矯正の東京でおすすめの矯正歯科についてのページ